Last Updated on 2024年5月30日 by admin

千代田区出張マッサージを頼んでみた
私は朝から夜までほぼ毎日働いており、自宅に帰るのは21時を回ることがほとんどです。日々の疲れやストレスがたまるため発散したいと考えるのですが、大抵のお店は店じまいしている時間なので諦めていました。
そんな時、会社の同僚から千代田区出張マッサージがあることを紹介されました。何でも自宅までセラピストの方が出向いてくださり、マッサージをしてくれるというのです。疲れがとれるかもという期待を抱いて早速電話連絡、汚い部屋を慌てて片づけながらその時を待ちました。
自宅に来ていただいたのは30代前後の女性セラピストの方でした。ベッドにタオルを広げ、その上に寝転ぶように言われました。オイルを使ったマッサージをお願いしたのですが、オイルが身体全身に馴染む感じがしてとても気持ち良かったのを鮮明に覚えています。何も言わなくてもほぐして欲しい部分を施術してくれる感じで、とても快適な時間を過ごすことができました。料金は少し割高に感じましたが久しぶりの贅沢にはちょうど良い、むしろ身体が軽くなった感じがしたので呼んでよかったと思いました。初めての体験でしたが大満足の結果となりました。また機会があったら利用してみたいと考えています。
ベッドにタオルを広げ、その上に寝転ぶように言われました

千代田区の特徴について

千代田区は、1947年に麹町区と神田区が統合されたことにより生まれた区です。
区名の由来は、江戸城の別名である「千代田城」から来ています。
「国際平和都市千代田区宣言」や「教育と文化のまち千代田区宣言」などの都市宣言を行っているほか、群馬県の嬬恋村や秋田県の五城目町と友好都市の関係を結んでいます。
主な行事としては「さくらまつり」「福祉まつり」「区内一斉清掃」「一斉打ち水」などが挙げられます。
区独自の取り組みとしては「生活環境条例の制定」「子どもの遊び場に関する基本条例の制定」「次世代育成手当」「次世代育成住宅助成」などを行っています。
ふるさと納税については、あくまで寄付金という解釈なので、お礼の品は用意しないというスタンスを取っています。
そして、23区の中では面積が小さいほうですが、皇居や国会議事堂などを擁しており、麹町などの高級住宅街や神田のように下町の雰囲気が漂う地域も存在しているので、いろいろな面を持った区だといえます。

トップに戻る